このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年中途入社

竹崎 和哉

WEBメディア事業部/編集長
大学卒業後、新卒でSIサービス会社へ就職。1年半勤務したのち、EC通販の会社へ転職。
UI改善などの業務をおこなっていたが、個人でサイトを作ったことがきっかけでWEBメディア関連の知識を習得したいと思いワイズへ入社。
入社前に思い描いていた通り、WEBメディア運営を通してどんどん知識が蓄積されています。
WEBメディア事業部/編集長/竹崎 和哉
WEBマーケティングの知識が欲しい

WEBマーケティングの知識が欲しい

WEBマーケティングの知識を習得したいという思いがあり、ワイズは最適な環境だと思ったからです。
ワイズは少数精鋭のベンチャー企業。そのため、一人一人がより裁量と責任をもって働けるのではないかと思いました。
また、裁量を持って働けるということは、裏を返せば「自分がややらないと何も生み出せない」ということ。
だからこそ、「自分で考える」必要があり、その過程で成長していけると確信していました。

ミッションは"稼ぐこと"

こういうと当たり前といわれるかもしれませんが、ミッションはWEBメディア事業部としてできるだけ利益を増やすこと。
利益を増やすためにどういうことしていくかも含めて、自分たちで何するべきか考えています。
直近で言えばWEB広告の運用を行っていますが、利益を生むためにもっと効率的な別のアイデアがあれば、そちらに注力するかもしれません。
もちろんやるべき仕事を決めたらそれにコミットしますが、WEB業界は日々変化が激しいので、それに合わせて撤退の判断もしていかないといけません。
とにかく、「世の中の流れを汲んで利益を出せそうな仕事を見つけ実行すること」それが私たちのミッションです。

責任がある分やりがいもある

ワイズでは誰かが決めたことを実行するのではなく、自分で決めて、自分で実行することができます。
その分、責任はのしかかってきますが、成果が出たときの達成感は計り知れません。
また、将来的にはSEOやWEB広告を含め、「WEB関連のことならあの人に聞けばわかる」と思われるような人材になりたいと思っています。
裁量と責任をもって全力で仕事をするからこそ、知識の吸収が速くなると思うので、そういう面で自分の目的とワイズの環境は合ってますね。
クリエイティブ関連が弱い

クリエイティブ関連が弱い

自社の課題は、クリエイティブ作業をできるメンバーが少ないことです。
WEBに関する業務を行っていると、どうしてもコーディングやバナー作成の必要が出てきます。
現在は外注に依頼したり、時間をかけて自分たちで作業を行っていますが、どうしても効率が悪くなります。
社内にクリエイティブができるメンバーがいれば、より業務が円滑に行えるのに…と思うことが時々ありますね

「自分で考える力」を身に着けるのに最適な環境

ワイズは「自分で考える力」を身に着けるのに最適な環境だと思います。
日々降ってくる業務をこなすのではなく、やるべき業務を見つけるところから始まるのがワイズでの業務です。
その過程で自分で考える力が身に付く半面、待ちの姿勢でいると置いて行かれます。
何かと提案するのが好きな人、アイデア豊富な人をお待ちしております!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE