このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年中途入社

澤井 史子

WEBメディア事業部/編集長
アパレル販売員を6年間経験したのち、数珠職人に。3人目出産のため、ライター兼営業に転身。地域のお店を回り、広告を作成し発信してきた。写真を撮り、お店の魅力を文章にしサイトに反映させる仕事をしている中で、文章を書くことの奥深さを実感。さらに極めていきたいと感じていた時にワイズと出会い、現在に至る。
WEBメディア事業部/編集長/澤井 史子
相手を想像しながら文章を書くことへの奥深さを感じ、ライターを極めたい!

相手を想像しながら文章を書くことへの奥深さを感じ、ライターを極めたい!

アパレル販売員、数珠職人、広告営業と様々な業種を転々としてきました。すべて好きなことで、そのたびに必死に真剣に向き合ってきました。広告を作っていた時はお店の魅力は何か、どんな人に来てほしいのか、今まさに目の前にいるクライアントさんになりきって、文章を書いていました。私の文章を読んでくださったクライアントさんが「すごいね」「うまくまとめてくれてありがとう」とおっしゃっていただいたことに一番やりがいを感じていた時に、ワイズに出会ったんです。そのころはまだ、みんな手探り状態でサイトを作成していました。今までとは違い、ここなら技術で文章を書くことを学べるのではないかと感じました。思いっきって若い会社に飛び込んでみて正解でした!

時には事業部の人事やスタッフ管理も担当します。

事業部には現在約15名ほどのスタッフが在籍しております。日々変わるモチベーションの中で、それぞれがベストを出せるよう声掛けをするようにしています。いつも画面に向かうだけの仕事では面白くない!できるだけスタッフとコミュニケーションを取るようにしています。先日も、ランチミーティングを開催して私が一番楽しんでいたかも(笑)ほとんどのスタッフが参加してくれて、今まで話したことがなかったスタッフ同士も話せるようになりました!それによって円滑に作業がこなせればいいですよね。みんなで社内の空気感を作っていきたいなと思っています。

施策を繰り返しよりいいものを追求しているときが一番やりがいを感じます。

担当している業務はダイレクトにユーザーの反応が返ってくるのですが、狙った反応が返ってきたときの喜びは大きいですね。顔が見えない相手に対して訴求していかないといけないので、日々悩んでいます。どのように表現すれば購入につながるか、どの色だと反応がいいのかな、など。考えて試してよりいいものをと施策を繰り返しているときが一番やりがいを感じます。反応がわかりやすい分、売上と直結しているのでプレッシャーを感じていますが、レベルアップのチャンスととらえるようにしています。
ただ日々の業務をこなしていくだけでは務まらない

ただ日々の業務をこなしていくだけでは務まらない

流れの速いワイズだからこそ、新しいことを見つけるアンテナを張り巡らし、常に勉強をし続けていかないと本当に置いて行かれます。ただ、少し振り返った時にいつも感じるのは、自分の「成長」です。それでもまだまだ勉強が足りないんですけどね(笑)
今いるスタッフが同じようにふと振り返った時、「ワイズにきて成長できた自分」に感動してほしいです。そして一人一人が今以上に成長し、高い目標に立ち向かっていける事業部にしていきたいです。

今のスキルを活かしつつ、成長していける会社

今いるスタッフは未経験がほとんど。それでも高度な作業をしている方もいます。自分で問題を解決し、課題に取り組んでいます。これから新しく仲間になる方に求めることは、今の自分に満足しないこと。今の自分を過信せず、常に新しいことへの探求心を持ち続けてほしいです。成長意欲のある方、大歓迎です。目標をもち、そこを目指して一緒に頑張りましょう。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

WEB編集・コンテンツ企画に関連する求人票を見る