このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年中途入社

大奥祐美

WEBメディア事業部/ライター
大学は経済学部を卒業。新卒で入社したベンチャー企業で、カフェのフランチャイズやブランディングを手掛ける部署に配属。その後、中学時代に通っていた塾で英語の講師をしながら本当に自分がやりたいことを探している中で、ワイズに出会う。ライターという肩書にとらわれず、自身が携わるWEBメディアのクリエイティブに幅広く関わっている。
WEBメディア事業部/ライター/大奥祐美

「美容」「ライター」「未経験」のキーワードで、ワイズに出会いました。

新卒で入社したベンチャー企業を1年で辞め、塾の講師をしながら自分のキャリアを見つめなおしていた時に明確になったのが、この3つのキーワード。もともと美容やおしゃれが大好き。そして、ベンチャー時代の仕事内容の一つにあった「文章を書く」ことに面白さを感じていたこと。とはいっても経験者です!と胸を張れるほどの自信がなかったこと。そんなことを思ってる中で出会ったのが、ワイズでした。実際に話を聞くと、ワイズもまだまだ新しい会社で、多くのスタッフが未経験から始めて急成長してるとのこと。ここなら、なりたい自分になれるんじゃないか、いや、なるんだと思えました。
ライターという職種名ですが、なんでも屋のように働いています(笑)

ライターという職種名ですが、なんでも屋のように働いています(笑)

私の主なミッションは、美容情報サイトに掲載する記事のライティング。たくさんの人の役に立つ新しい情報を、より分かりやすく魅力的に伝えるのが仕事です。もちろん、まだまだ勉強中の身ですので、これだけでもいっぱいいっぱいになることがよくあります。でも、読んでもらうため、反応してもらうために、できることは他にもあります。たとえば、記事に導くためのアイキャッチ。記事の内容にあった写真をチョイスしたり、イラストを発注したり、文字を手書きしたりと、ビジュアルでも興味を引くための工夫をしています。また、SEOも勉強中。感性だけで文章を書くのではなく、しっかりと効果を出す技術も身につけたいと思っています。

自分の記事で商品が売れたときに、やりがいを感じます。

ワイズのWEBメディア事業部で仕事をしている誰もが同じことを思っているはずですが、やっぱりいちばんの喜びは、自分の関わった記事やコンテンツで紹介した商品が売れることです。私はまだこの仕事を始めて数カ月ですが、それでもだいたい1日に1~2本の記事を書いてるので、これまで何度もそんな経験をしてきました。もちろん、逆のこともあります。自信をもって送り出した記事が、あまり注目してもらえなかったり、思うような反応が出なかったり。「大奥に任せると売れる!」といわれるライターになるのが、いまの目標です。
会社としての経験値を増やすために、さらなるチャレンジを。

会社としての経験値を増やすために、さらなるチャレンジを。

他にはないくらいのスピードで成長を続け、事業を拡げているワイズ。アフィリエイトサイトだけでも、準備中のものも含めると5サイトを数えます。でも、キャリア数カ月の私自身はもちろんなのですが、ワイズという会社そのものがまだできて3年目の若い会社。事業の面積は広くても、そこで多様な経験値を蓄積するには、まだまだ時間が必要です。だからスタッフ全員で失敗を恐れずに、どんどん新しいことにチャレンジしていくことが必要だと思います。私も、自分の枠を自分で決めずに、なんでも経験するつもりです。

これまでの実績よりも、これからの可能性に期待してくれる会社です。

ワイズには、私を含めてほとんど経験がなくスタートした人がたくさんいます。でも、熱心に教えてくれる先輩と、成長せざるを得ないくらいたくさんの仕事と、そしてスタッフ一人ひとりの可能性を信じる風土が、みんなを育ててくれました。ひょっとすると、入社してすぐにどんどん仕事を任されることにびっくりするかもしれませんが、それこそが成長の近道。好奇心旺盛で、いろんなことをやってみたいと思っている人と、ぜひ一緒にお仕事したいですね。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

その他のWEB関連職に関連する求人票を見る